地域のサポート

HOME » 事業紹介 » 地域のサポート

災害対策

豪雨、竜巻、大雪などによる災害が発生した際、ボランティアを受け入れ被災地域の復興支援につなげる災害ボランティアセンターを社会福祉協議会が運営することが想定されます。災害が起こってしまった場合の災害ボランティアセンター運営に備えた対策を行います。

共同募金活動支援交付金

「赤い羽根共同募金運動」において、埼玉県共同募金会からの配分金の一部を各町会に交付し、地域福祉推進事業促進の一助として活用していただいています。

生活支援コーディネーター業務の受託

生活支援コーディネーターは、介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)の開始に伴い、高齢者の生活支援・介護予防サービスの体制整備を推進していくことを目的とし、地域において、生活支援・介護予防サービスの提供体制の構築に向けたコーディネートを行います。

学校内世代間交流事業

「生活科」や「総合的な学習の時間」を通して地域に開かれた学校として児童と地域の高齢者や未就学児童が授業に参加しながら交流の場を設け、給食を体験することによりお互いの理解を深めることを目的としています。

各学校の実情に合わせて年度内に1回開催し、参加者等30人分を上限とした給食費を助成いたします。

シルバー独身者会食・茶話会等の実施

一人暮らし高齢者(70歳以上)の孤独感解消と地域とのつながり(交流)、家にこもりがちな方の外出をなどを目的に各支部の秩父市社協在宅福祉員が中心となり会食会、配食会、茶話会を実施しています。

小地域福祉活動促進事業

高齢者、障がい者・児、児童等の斬新で独創的な地域福祉の充実を図る事業を実施する場合には、社協支部(町会を含む)に対し、予算の範囲内において補助金を交付します。

上限額等は下記のとおりとする。

参加者が100人以上の場合 30,000円
参加者が50人以上の場合 20,000円
参加者が50人未満の場合 10,000円

地域福祉活動交付金

各社協支部において納付及び募金の協力をいただいている社協会費及び歳末たすけあい募金を財源として、各支部における事業実施の支援を行うことを目的に交付します。

被災者見舞金

秩父市社会福祉協議会の会員が、暴風雨、洪水、地震その他の異常な自然現象又は、火事、爆発等により住家が全壊、全焼、流出あるいは半壊、半焼する等の被害を受けた場合に見舞金を支給します。

見舞金の額は、次のとおりです。

一般会員 10,000円
賛助会員 20,000円
特別会員 30,000円