高齢者・障がい児者事業

HOME » 事業紹介 » 高齢者・障がい児者事業

大滝デイサービスセンター

自立した日常生活を営むことができるよう必要な介護予防を行うことにより、社会的孤立感の解消や心身機能の維持を援助します。
また、利用者の家族の身体的、精神的負担の軽減をします。

  1. 食事の提供
  2. 日常活動動作の機能訓練(介護予防)
  3. 健康チェック
  4. 送迎
  5. レクリエーション

外出支援サービス

日常生活の利便性を図り、福祉の充実を目的として、居宅から医療機関への通院や公共施設等への送迎サービスを行っています。対象となるのは、在宅で生活している身体障がい者や高齢者で、車椅子等を利用していて、家族の送迎ができない方です。

家族介護者交流事業

介護者同士の交流の機会を設け、介護者の心身のリフレッシュを目的として実施しています。入会希望の方は電話で申し込みください。

寿敬老写真贈呈事業

85歳になられる方を対象に記念の肖像写真を贈呈します。カメラマンが自宅へ出向き、撮影した写真をアルバムにします。撮影には申込みが必要です。

居宅介護支援事業所

介護を必要とする方が、介護サービスを適切に利用できるように、ケアマネジャー(介護支援専門員)が心身の状況や生活環境、本人・家族の希望等に沿って、ケアプランを作成します。また、ケアプランに位置づけたサービスを提供する事業所等との連絡・調整などを行います。

障がい児・者バスハイク

ボランティア団体「紙ふうせん」主催、秩父特別支援学校PTA、秩父手をつなぐ育成会、秩父市社協の共催で実施する、障がい児・者や家族、ボランティア等の交流を目的としたバスハイクです。

実行委員会により、年1回の開催日や行き先、参加費を決定します。

障害者居宅介護等事業所

障害者 総合支援法に基づく居宅介護、重度訪問介護、同行援護サービスを提供します。

生活支援コーディネーター業務の受託

生活支援コーディネーターは、介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)の開始に伴い、高齢者の生活支援・介護予防サービスの体制整備を推進していくことを目的とし、地域において、生活支援・介護予防サービスの提供体制の構築に向けたコーディネートを行います。

であいの広場

であいの広場
であいの広場

障がいのある人もない人も、高齢者も若者も、誰もが自分らしく生きようと暮らしている中、誰もが楽しみ語りあうことのできる市民のふれあいの広場として障がい者の社会参加を促進するイベントです。

障がい者団体やボランティア団体などが協力し合い、模擬店や団体アピールなどで会場を盛り上げていただき、日常の暮らしの中で一人ひとりが同じ人間として、お互いの立場を尊重し、ともに生きることを目指して開催します。

ハンディキャブ号の貸出し

既存の交通機関を利用することが困難な肢体不自由な方に対し、車いす等のままで乗降りが可能な車両を貸出すことにより、外出機会の少ない方々の外出の利便性を確保することを目的とした事業です。

  • 貸出期間はおおむね3日以内、貸出車両は、
    1. 赤い羽根号(ストレッチャー対応)
    2. まごころ2号(車いす対応4人乗り)
  • 運転手は原則的に申請者とし、利用する10日前までに申請書を提出してください。

羊山センター

羊山センター

羊山公園にある施設で、カラオケ、宴会、会議等にご利用いただけます。

毎月お楽しみ会(カラオケ大会)を開催しています。

10人以上の団体の場合、マイクロバスで送迎もしていますので、団体でのご利用もできます。(要予約)

利用時間 午前10時~午後4時まで
休館日 月曜日、金曜日(祝日の場合は営業し、翌日休み)、年末年始
入館料 市内 60歳以上 無料 (市内60歳未満、市外 有料)

訪問介護事業所

訪問介護員(ホームヘルパー)がご利用者の自宅などを訪問させていただき、ケアマネジャーにより作成された居宅サービス計画に基づいて日常生活上の必要なサービスの提供を行います。

ミニデイサービス

住みなれた地域で安心して生活ができるように高齢者の健康チェックや生活指導、レクリエーション等を行います。(吉田・荒川地区)

日常生活自立支援事業(あんしんサポートねっと事業)

物忘れなどのある高齢者や知的障がい・精神障がいのある方などが安心して生活を送れるように、定期的に訪問し、福祉サービスの利用や暮らしに必要なお金の出し入れのお手伝いをします。

【お手伝いの内容】
  • 福祉サービス利用援助
    定期的に訪問して、福祉サービスの説明・相談を受けます。
  • 日常生活上の手続き援助
    郵便物を整理して内容を説明し、市役所などの手続きがあれば一緒に出向き、届出や申込み等のお手伝いをします。
  • 日常的金銭管理
    生活に必要なお金のお届け、福祉サービスの利用料や公共料金などの支払いをします。
  • 書類等預かりサービス
    お預かりできるもの(金融機関の貸金庫で保管します)
    年金証書・実印や銀行印・預貯金の通帳(合計1,000万円まで)・保険証書・不動産の権利証書又は契約書類など

詳細は、埼玉県社会福祉協議会ホームページでご確認ください。
埼玉県社協HP